企業情報保護 [個人情報・営業秘密・知的財産]
企業情報保護 [個人情報・営業秘密・知的財産]

社会の情報化が進む中、企業にとって「情報」は、いまや、資金・人材とともに重要な資産となりました。

「資産」である以上、適切な体制のもとに管理することが必要であり、情報保護管理の軽視は、信頼の失墜など、企業の存続にも関わる重大問題に発展してしまいます。
また、企業のコンプライアンス・CSRの向上にも情報保護・管理の徹底は欠かせません。

「情報流出」の原因の多くが、「ケアレスミス」「設定ミス」「紛失」「不正な開示」「漏洩」など、人的ミスによるものです。
リスクを最小に抑えるには、まず、企業内で情報を扱う全ての人が情報保護の重要性を認識することから始めなければなりません。
さらに、業種・企業の規模・体質等により、管理方法は異なります。形式的に厳格なだけのルールでは、継続することが困難で、結局頓挫してしまいます。企業ごとに実現可能なオリジナルのリスクマネジメントが必要です。

企業の扱う「個人情報(従業員等)」「営業秘密(顧客情報・ノウハウ等)」「知的財産」などの情報保護・リスク管理について、アドバイスいたします。








<< 業務内容 | HOME 

 

外山法律事務所 小
企業法務・経営支援 


医療法務・経営支援 
 

相談から解決までのフロー 



【社会保険労務士(社労士)について】



OFFICE
Toyama Associates
 外山アソシエイツ

法律事務所
社会保険労務士事務所
Medical Activatores−医療機関支援


▶ オフィス&アクセス
〒530-0047
大阪市北区西天満4−11−22
阪神神明ビル3階
外山法律事務所内
TEL:06-6316-1777
FAX:06-6316-7117

 フォームでのお問合せ
 メールでのお問合せ

 

 
 

PDEファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。ソフトはアドビシステム社から無料でダウンロードできますので、アイコンをクリックしてお使いください。