社会保険労務士について
社会保険労務士について

転ばぬ先の杖



「社会保険労務士(社労士)」は、最近、年金問題などで多少知られてはきましたが、士業のなかでは、まだまだ知名度が一番低いのではないでしょうか?

しかし、社会保険労務士は、労働関連諸法令と社会保険・労働保険関連諸法令を専門とする国家資格であり、業務内容も意外と広範囲に及びます。

年金相談・労働社会保険に関する書類作成・届出業務、給与計算業務等はご存じの方が多いと思われますが、その他、企業の労務監査・労務管理・就業規則・人事賃金制度等、労働法務全般に関するアドバイス・コンサルティングも行います。国家資格がなくてもコンサルティングはできますが、法的な根拠に基づいた正確で高品質のアドバイスを行うのは、士業の務めです。

企業の経営にとって、利益向上が最優先であるとはいうものの、いまや、労務問題・労働紛争は避けて通れない経営課題となりました。また、紛争の大きさによっては経営を揺るがしかねない事件に発展することも、稀ではなくなってきました。

法律についてなら、当然、弁護士さんに勝るものはありませんが、実際に社内で起こる人事労務問題に関しては、社会保険労務士も詳しく、従業員の採用から退職まで、実務的な生きたアドバイスができます。

いざ紛争に発展してしまったとき、最もベストな解決策へ導いてくれるのが弁護士さんの仕事ですが、ひとたび紛争が発生してしまうと、解決まで多大な時間、費用、心理的労力を費やすことも少なくありません。
そこで、紛争にならないよう、また紛争になった場合のリスクを最小限に抑えることができるよう、適正な人事労務管理へ導き、事業の発展をサポートすることが社会保険労務士の役割です。

そして、健全な労務管理は、従業員にとっても快適な職場環境と労使関係へ繋がるはずです。
その一番大切な意義は、各企業の発展に必要となる有益な人材を逃さず、定着させることにあります。

今一度、自社の現状・労務リスクを把握したうえで、予防策・改善策を講じ、さらなる事業の発展を目指すことをお考えになってみてください。


社会保険労務士(社労士)とは?/全国社会保険労務士会連合会
 

 


相談から解決までのフロー 

外山法律事務所 小
企業法務・経営支援 


医療機関・福祉施設支援 


【社会保険労務士(社労士)について】



OFFICE
Toyama Associates
 外山アソシエイツ

法律事務所
社会保険労務士事務所
Medical Activatores
   −医療機関・福祉施設支援


▶ オフィス&アクセス
〒530-0047
大阪市北区西天満4−11−22
阪神神明ビル3階
 TEL:06-6316-7111(代)
 FAX:06-6316-7117

 フォームでのお問合せ
 メールでのお問合せ

 

 
 

PDEファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。ソフトはアドビシステム社から無料でダウンロードできますので、アイコンをクリックしてお使いください。